自律神経失調症は漢方で良くなります~効果テキメンな治療法~

男性

認知症を予防する生活習慣

老夫婦

アルツハイマー型認知症は脳の神経が徐々に壊れていく病気で、高齢化に伴って増加しつづけています。睡眠不足や糖尿病によってリスクは高くなります。予防にはDHAやEPA、ポリフェノールなどが効果的とされています。

View Detail

腸内細菌の特徴と健康実現

ウエスト

大腸には善玉菌や悪玉菌が生息しており、そのバランスが大腸の機能を変化させます。腸内環境を良くするには二つのアプローチがあり、善玉菌が摂取したいものを送り届ける方法と、善玉菌そのものを摂取して腸に届かせるという方法があります。

View Detail

気をコントロールする

スーツの男性

必要な取り組み

自律神経失調症の治療には、『漢方』が有効な場合があります。漢方は「気・血・水」という考え方に基いて治療を行いますが、自律神経失調症は『気』の異常とされます。症状別に気のコントロールを行うことで、カラダのバランスを整えていくのが漢方の役割と言えるでしょう。漢方は西洋医学の薬と異なり、すぐには効果が確認できません。効果を実感するまでには、最低でも半年以上の服用を続ける必要があります。また薬と漢方を併用することで、症状を抑えながら、薬の量を減らしていくことが出来るのでおススメです。

栄養と摂取タイミング

自律神経失調症の症状を改善するためには生活習慣と、漢方の摂取タイミングを把握しておくことが大切です。自律神経失調症の症状を改善するためには、特定の栄養素の摂取と、規則正しい生活が必要となります。特定の栄養素とは、トリプトファンと呼ばれる必須アミノ酸や、DHA・EPAと呼ばれる必須脂肪酸です。それらの栄養素には、自律神経のバランスを整える上では欠かせない働きをする神経伝達物質『セロトニン』の、合成・分泌を促す働きがあります。また自律神経失調症の症状を改善するための、漢方の摂取タイミングについては、食事の30分前、食後2時間後がおススメです。その理由は、食事の前後であれば、栄養の消化吸収を促す効果があるため、また胃の中で食べ物と漢方が混ざらないようにするためです。漢方薬はドラッグストアでも販売されていますし、漢方外来のある医療機関でも処方してもらうことが可能です。

予防に役立つ成分

シニア

変形性膝関節症の予防には軟骨の成分の補給が大切です。非変性2型コラーゲンは吸収が良いことが知られています。今後はこういった形で他の軟骨成分についても吸収の問題が解決されて、変形性膝関節症の良い予防方法が見い出されていくでしょう。

View Detail