自律神経失調症は漢方で良くなります~効果テキメンな治療法~

薬膳

予防に役立つ成分

シニア

非変性2型コラーゲン摂取

関節にある軟骨が徐々になくなってしまうことによって生じる変形性膝関節症は進行してしまうと歩行が難しくなるほどに重症化することもあります。そのため、そのリスクがあると感じたら予防を行っていくことが大切です。最も多いのは加齢によるものであることから、シニアとなる頃にはその対策を考えると良いでしょう。軟骨を作っていくためにはその成分を補充することが大切です。軟骨は大部分は水分ですが、それに続いて多いのが2型コラーゲンです。コラーゲンを摂取するというのはそういう意味でとても効果が期待できるものでしょう。特に非変性2型コラーゲンと呼ばれる熱変性を起こしていないコラーゲンを摂取するとそのままの形で吸収されるため、効果的に補給が行えるというメリットがあります。

吸収の問題の解決

変形性膝関節症の予防をする上で重要になるのは関節にある軟骨を作ることです。そのためには身体の中にある軟骨の成分を増やすことが大切であるのは明らかでしょう。非変性2型コラーゲンのようにそのままの形で吸収されるものが摂取には有効であるといえます。そのため、変形性膝関節症の予防のために他の成分であるヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸をそのまま吸収できる形で体内に入れるというアプローチが広まると予想されます。ヒアルロン酸やコンドロイチンの吸収については諸説あるものの、吸収がそれほど円滑ではないことは確かです。この問題を解決することによってより効果が高い変形性膝関節症の予防方法が見い出されていくことになるでしょう。